ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 植物の声を聞こう〜プランツミュージック〜in矢田寺 無事終了! | main | 7.2 金魚ねぶた絵付けワークショプ >>
2011.07.11 Monday

植物の声を聞こう〜プランツミュージック〜in矢田寺 その2

こんにちわ、むっちゃんです。
6月25日に行った矢田寺ワークショップのレポートの続きです!


あじさいの色の変化の理由、外国からやってきた改良種との交配などなど…
さっそく素晴らしい話が飛び出したあと、銅金裕司先生が取り出したのは、これ!!



キターーーーーーーー!プラントロン!
プラントロンとは、植物生体情報を得るための装置。葉の表面に付けた電極から微弱な電位変化を取り出し、
コンピューターを通して解析することで、植物の発する音を聞くことが出来るのです。

写真にうつっている、赤黒白のわにくちクリップを音を聞きたい植物にはさみます。
すると…!!

音を奏で出す、あじさいとMac!
な、なんだこの自然の中に整然と連なる機械たちの不自然さ、奇妙さ、おもしろさ!
PC画面右に映っている青い波があじさいの出す電気的波長をそのまま表したもの。
それを、PCで分析したのもが左の黒い画面に波として映しだされます。
さらにその波を、パソコンの音楽ソフトでピアノ音やギター音に変換するのです。

広場に流れる、あじさいが演奏するピアノ音!
あじさいが演奏する、ジミヘン!!!ベリークール〜〜!


植物が声を発している。それを、ただアートで表現しても説得力がない。
だから、論文を書いて発表し、機械を作った。僕は、科学者でもあるんです。
ううん、先生かっこよすぎます。
説得力のあるアート、理由がすべて分かっているからこそ、それを感じることに言葉は必要ありません。
逆に、何の疑問もなくすーっと心に入ってきますね。


植物以外にも、生き物はみんな電気的波長を出しています。人間ももちろん。
ということで、クリップを握る!すると、あじさいとは違った音が鳴り出します。
これを使ったのが、脳波を測定して感情を読み取る機械。アルファルファ波とか言われるアレです。
あれを計測する機械とプラントロン、原理は同じ。

なので、人間の脳波解析をプラントロンに応用すれば、植物の性格が波長から分かるのです。
あじさいは、少し控えめで、ゆったりとしている性格。
少しくらい叩いたくらいでは怒らない、水の大好きな穏やかさ。可愛いーーーーー!
上へ上へぐんぐんと伸びていく木々たちは逆に、ヤル気満々の性格なんだそう。
確かに、そう思いながら植物たちを見ると、性格が分かってくる…気がする!!

さらに面白いのが、植物と人間の音のセッション!!
プラントロンを付けているあじさいの近くの葉や茎を、触ったり握ったりすると、
あじさいの奏でる音が変わる!!

これは、あじさいの電気と人間の電気が交わったから。うほーーーー!すごい!!!
植物と、人間がひとつの音楽を奏でる。なーーーーーんて素敵な時代。

緑の中に、Mac。この絵が面白かったのも、プラントロンを作られたきっかけのひとつだったそうです。

そして、パソコンは銅金先生にとっては植物の声を変換して伝えてくれる「イタコ」のような存在。

しかし、昔の人には、パソコンは必要無かったのです。
「あ、明日は雨が降るな。」「植物の元気がないな。」
人々が皆が農業をしていた時代には、このような感覚を持っていることが生きる上で必須であり、当たり前でした。
人は意識せずとも自然と向き合っていたし、共に生きていたのです。
自分も自然の一部なのだという意識が、ありました。

しかし今の人々は、こうしてパソコンイタコさんの力を借りないと自然の声を感じることが出来づらくなってしまいました。
植物も生きていて、声や感情を持っている。なんとなく分かっていても、それを感じ取る力は失われつつあります…

これからの時代は、もう一度、そんな感覚を人々が持つことが求められているのではないでしょうか。


そんなことを思った最高に楽しい一日でした!!!
銅金先生、ワークショップに参加してくださった皆さま、お手伝いしてくれた穐山さん。
本当にありがとうございました!!

参加者さまが書いてくださったレポート記事もぜひ!どれも素晴らしい記事です…!
ありがとうございます!
☆「まちかどレポート」…大和郡山市のHPに、ワークショップのレポートを掲載していただきました。丁寧な視点で、とても良く書いてくださいました。
☆「花萌にしむらゆきこ*花日記」…神戸で花のお仕事をされているにしむらさんのブログ。当日の映像もアップしていただきました。
☆「仮Zycle00」…京都精華大学4回生のクラちゃんのブログ。彼女自身、学校で数多くのワークショップを運営しているので、とても細かく内容を書いてくれました。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ 

むっちゃん
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album