ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< K-Pool shop @ SPUNCALL | main | K-Pool Project 金魚水草水槽の今 >>
2011.06.21 Tuesday

植物の声を聞こう。矢田寺ワークショップ!

 こんにちわ、むっちゃんです。
昨日のライブでのK-Pool Shopは大盛況で終了いたしました!ありがとうございました!

後日改めて、お呼びした作家さんのご紹介させていただこうと思います。
たくさんの郡山の方に立ち止まり、声を掛けていただけてK-Poolのことをお話できて
また一歩、この街と、この街の金魚たちと仲良くなれたと感じております!
参加してくださった作家様方、本当にありがとうございました。これからもよろしくお願い致します。



今回は、だいぶ前の記事でちらっと告知していた‥



6月29日( 

-植物の声を聞こう-
「矢田寺のあじさい観賞ツアー」

の紹介をさせていただきます!

じゃじゃーん!これがポスターで〜す〜!

矢田寺は、近鉄郡山駅からバスで約20分の山中にある由緒あるお寺。
このお寺の名物。それはずばり・・・・


あじさい!

山いっぱいのあじさい!!

これでもかとあじさい!!!

トンネル〜〜〜






写真で見るだけでお腹いっぱいになりそうなほど、これでもか!!とあじさいが咲いています。
その数、実に10000本!!!どひゃ〜誰が数えたんや〜〜そっちの方がすごい!

今回のツアー&ワークショップでは、この矢田寺のあじさいを見学しながら、
植物の声を聞きます。

植物の声を、聞きます。

そんなの聞けるのか??
と思われたそこのアタナ!それがね、できちゃうんです・・・びっくりでしょ?
私も初めて知ったときはめちゃくちゃびっくりしました。

植物の声を聞くには、ある装置を使います。その名も、「プラントロン」。
↑の記事に、詳しい説明が書いてあります。どちらも、素晴らしい記事なのでぜひ。

単略して説明するとプラントロンとは、植物の電気的な波長を音に変える機械。 
波長を音にする事で植物の胎動が感覚的にわかり、より身近に感じる事が出来るのです。



動画もアリました!
実は、CDもでちゃってます!私もCDを聞かせていただいたのですが、
トラックの名前が「Morning」「Evening」…と一日の時間帯別に分かれているんです。
そして、時間ごとに植物の出す音がぜんぜん違う!!朝、植物ちょう元気そう


このプラントロンという装置を作られたのは京都造形大学教授の銅金裕司先生。

【銅金裕司先生プロフィール】
神戸市生まれ。海洋学を修めた後、園芸に転向し千葉大学大学院博士課程修了。
学術的な新しい試みに挑戦しつつ、メディアアートで美術館、ギャラリーなどで作品展示、ワークショップ多数。
学術博士 Ph.D(植物生理学、園芸学)、工学修士(海洋学)
京都造形大学教授。東京芸術大学先端芸術表現学科非常勤講師。


今回のK-Poolワークショップでは、
銅金裕司さんを講師にむかえ、矢田寺のあじさいを見学しながら、
様々な植物が発する音を聞く体験型ワークショップを行います。
植物たちを目で楽しむだけでなく、「音」を感じることで、
新しい植物の世界を体験しましょう。毎日に、新しい感性を!


K-Poolの方針として、金魚に限らず、自然を通じて毎日の生活や地球のことを
新しい視点で考えるきっかけを、郡山から発信したいという想いがあり、今回の
ワークショップを開催することに相成りました。

参加費は1000円。(矢田寺拝観料400円込み、お土産つき☆)
6月25日(土)13時に矢田寺前に集合です。
雨の可能性が大きいので、動きやすい服装、運動靴、飲み物をご持参ください。

要予約です!!先着20名まで。
予約、質問などは→「info@k-pool.net」までお気軽に!
(こちらのコメントでもおkです!)


京都から来られる人は、奈良斑鳩1dayチケットが超お得です!!!
では!25日に矢田寺でお会いしましょう〜!
次回は、K-Poolの金魚水槽の現状を書きたいと思います☆

応援、よろしくお願い致します!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ 

むっちゃん
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album