ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 香港の金魚ストリート、行ってきた! | main | K-Pool shop @ SPUNCALL >>
2011.06.18 Saturday

香港の金魚ストリート、行ってきた!2

こんばんわ、香港の旅報告から久しい更新になってしまい申し訳ありません…!
K-Poolのむっちゃんです。今回は、香港の旅の詳細をレポートいたします!

あごニキビ。

頭までまるごと!

どや!

ちくわ。

漢方がいつも身近に。くさい。



香港は、雑多で色彩豊かで騒々しい空間でした。
飲食店に入ると、ぬる〜い水を出されるのが結構衝撃的だった。
あと、臭豆腐!本気で道端でゲロゲロしちゃいそうになりました。あれがおいしいのか…
日本でいう、納豆みたいなものかな??あ、フルーツが安くてうまかったーーー!
さすが、赤道が近くて年中暑い国だけあります。マンゴースイーツ最高!

あちらこちらで建物が建設中で、見上げるとビルの窓がいっぱいの香港の空。

しかし同時に、とても緑が豊かなのが印象的でした。
しかも、日本のように整理されきった自然じゃなくて、もっと野性的な。





ほんとうに身近に、緑がある。
自然をとり入れよう!と背伸びしているのではなく、当たり前に「植物」「生き物」がいる。
恐れる対象でも、敬う対象でもない。ただ、共存しているのです。
そんな香港の毎日のなかに、金魚ストリートはありました。
金魚ストリートには、約200店舗もの水槽屋があります。
(水槽屋の中にいろいろな種類があって、金魚、熱帯魚、水草、爬虫類、犬猫販売もあります。)
金魚ストリートがいつできたか、具体的な時期はなく、自然とお店が集結してきたのだそう。

200店舗も似たような水槽屋がひしめき合っているのに、
どうしてお店は経営を続けることができるのか・・・
そこには、意外な事実がありました。




中国では、「風水」が今でもとっても大切にされているのです。
風水の基本は、家の中に水の動きがあること。


風水用と思われる、風水水槽。
このような水槽があればいいのですが、まあただ水を動かしているだけでは何だか物足りない。
そんなとき、お魚や水草の登場というワケです!




亀も、長寿の象徴として大切にされています。いろいろな種類が売っていました。


金魚は、とっても縁起のいい魚。
中国では赤色はとっっっっっても縁起のいい色。日本でいう・・・なんだろう??
紫が高貴な色っていう感覚と似てる?でも、日本でも黄色は金運アップっていいますよね。
さらに、金魚には「金」という漢字が入っています。
つまり、金魚を飼うことは金運が上がる意味合いがプラスされるのです。

香港には、金魚すくいの文化はありません。(台湾には、あるらしい!)
日本の子供は夏祭りの金魚すくいで初めて金魚を飼うように、
香港の子供は金魚ストリートで初めて金魚を買って金魚を飼い始めます。

そのときにはすでに、金魚ストリートできちんとした飼育セットを購入することが
できます。(しかも安価(日本人感覚ではですが・・)。しかも充実。)

そして、金魚飼育から水草水槽へとシフトチェンジしていくそうなのです。
ふむふむ〜〜〜!!!
しかし、そんな金魚ストリートも少しずつ変化していっているようです。
高級金魚(日本産)を扱うお店は、今はどんどん2階に移っているのです。


金魚ストリートの土地の値段や、家賃は毎年どんどん上がっていってます。
昔は金魚富豪もいたそうですが、今は熱帯魚や水草が増えてきて
昔よりは金魚を飼う家庭が減ってきているのだとか…
また、水槽業よりも飲食店の方が儲かるので飲食店が増えてきているのです。
少しずつ、追いやられていっている金魚たち。

一見華やかな金魚ストリートも、金魚を取り囲む状況は刻々と変化していっています。
郡山には郡山の、香港には香港の問題があるのだなあと痛感しました。

そんな、地元の人しか分からない金魚ストリート事情をすべて教えてくださったのが写真のお二人。
日本人のためのツアーガイドもされている日本語がペラペラなトニーさん(写真左)と、
水草屋「水木林森」と、水槽メンテナンスを生業とされているチョウさん(写真右)。

チョウさんは、世界水草レイアウトコンテスト2007で世界一位になったすーーーーんごい人!
チョウさんに水槽をデザインしてほしくて、たくさんの人がレイアウトのお仕事を依頼します。
トニーさんも同じく水草水槽をされていて、香港の金魚ストリートに水草水槽のチームがあって
いつも決まった時間にカフェに集まって水槽の話をひたすらしているんだそう。
なんてすごい空間・・・!!
そのすーーーーーんごい方達の作品が掲載されているHPはこちら!→CAU
日本の水草水槽とは何かが違います。。。息を飲む、とはまさにこれ。

チョウさんには香港に行く前に、「日本から伺います。ぜひお会いしてください!」
とメールをしました。すると、「私のベストを尽くしてお出迎えいたします。」とのお返事…!!
そして、トニーさんと共に金魚ストリートを案内、いろいろなお話をしてくださいました。
しかも、お土産までいただいてしまって…!
そのお優しさに、もうどうすればいいのか分からないほど感動しました。



チョウさん、トニーさん。
本当に、本当にありがとうございました。
香港への旅が一生の思い出になりました。これからも、ずーっと応援しております。
私たちも、郡山で金魚と水草を広げる活動ガンバリマス!

Mr.Tony Wong and Mr.Dave Chow.
Thank you so much.
It was great to see you.Always we are cheering you from Japan,Yamato Koriyama city.
We are going to make  a chance of introducing about aquarium keeping with goldfish  constantly.  




そして、旅に同行し、相談に乗ってくださったりアドバイスをくださった銅金先生。
お忙しい中、ありがとうございました。大大大好きです。
これからもどうかよろしくお願い致します。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ 

むっちゃん
コメント
すばらしいリポート、多謝です!

ホント、ワイルドな街なんですね。猥雑で、しかも美しい。日本の都会とは根本的に違うような。ワイルドって意味も全然違いますね。ヒトも自然もチカラに満ち溢れてる、ギラギラしてるって印象を受けました。

共存、ただサカナを飼って部屋をシャレオツにする趣味では、この国ではなさそう。まさに生き物によりそうという感じでしょうか?風水もわが国では、縁起担ぎの趣味のようなモノですが、あちらでは生活に直結する科学みたいなモノですよね?

アノ、カリスマ水景士の方と生の交流もすばらしいですね!あ、私もCAUの方達が作ったカレンダーをアジトで頂いて、宝物になりました^^

しかしなんといっても、むっちゃん先生の視点がよかったです。これからもセンシティブで、クリエイティブな、サカナクション!サカナの視点にたったアクションを期待してます^^

  • 遊@危
  • 2011.06.19 Sunday 05:00
むっちゃんの顔だし!w

いい写真多!
  • タナカカツキ
  • 2011.06.19 Sunday 19:53
遊@危さま

こんばんわ!わーーーーお褒めの言葉、ありがとうございマス…!

まさに仰られるとおりで、ギラギラと生命力に満ちた空間でした。
そうなのです!生き物も、風水も、生活に密接しています。まさに、科学。

CAUさんのカレンダー…!?そ、そんな貴重なものがあるのですか!
それはもう、一生の宝ものですね!素晴らしい・・!

ありがとうございます!サカナクション!!お任せ下さいませ〜☆
  • むっちゃん
  • 2011.06.21 Tuesday 19:38
カツキさん

顔出しが超平気になってきた今日この頃です。
写真撮るの楽しすぎです!ありがとうございますっ!
  • むっちゃん
  • 2011.06.21 Tuesday 19:39

さみしいとき
あるよね
http://gphu3lt.t.monju.me/gphu3lt/
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album